髪の毛

育毛の医薬品と医薬部外品の違い

育毛剤を購入するときに気付くかもしれませんが、二種類存在しています。
高いものと安いものです。
たまに、ものすごい高い育毛剤も存在していますが、一体何が違うのでしょうか。

それは、医薬品であるか、医薬部外品であるかの違いです。
医薬品は簡単に言うと、厚生労働省が効果を公に認めているがゆえに、薬として分類されるものになります。

薬であるということは即効性も期待できます。
例えばミノキシジルを挙げることができます。
ミノキシジルは、血管拡張の力があります。

これにより、どんどん血液を体に循環させてくれます。
これにより、細胞が活性化され代謝がよくなり、元気な髪の毛が生えてくるように促されるわけです。

効果は抜群です。
ただ、薬ですので、副作用が起こることがあります。
副作用は血液の流れが急に加速されることで、ほてり、むくみ、だるさ、頭痛こういったものが起こる可能性があります。

これに関しては事前に調べておくことが大切です。
医薬部外品の育毛剤になると、すぐに効果を期待することはできませんが、毎日使う事で確実に髪の毛を強くすることができます。

副作用もないので、比較的安心して使用を続けることができます。
これが医薬品と医薬部外品の差です。


このページの先頭へ